もちつきの目。

ゆるっと健康オタクの雑記

良い塩・悪い塩でなく、どの塩を使いたいのか

わたしは調味料の中で塩を一番使います。

野菜はサラダ派で基本毎日食べ、鶏ハムを作ったり、よく食べる目玉焼きも塩コショウ派、お風呂に塩を入れる時もあります。

全てに気を配るのは疲れるけど、よく使うものは気をつけたい(調べてみたい)。ということでやっと最近塩について考えるように。

今回は「精製塩は体に悪い!」話ではなく、自分が欲しい塩の見つけ方初心者編です。

 

精製塩が嫌われている理由

その類の話はしないとは言っても、全くしなわけにいかないので簡単に説明します。

塩は岩塩でも海塩でも、その種類が精製塩でも原料は海水であり全て最初は天然塩です。その天然塩が精製される過程でミネラルが失われ、食塩・食卓塩と呼ばれている精製塩が出来上がります。

「精製塩は塩っ辛い。天然塩はまろやかで複雑な味がする」と料理人やグルメの人が言うのは、失われていない様々なミネラルの味だそうです。さすがに直接塩を食べ比べると違いがわかるけど、料理の味まで変わるとは正直思わない…。(小声)いや、私の舌がポンコツなだけかも。

精製塩が本当に体に悪いかは置いておいて、嫌われている理由はミネラルが失われているからです。

 

取り合えずイオン交換膜法

塩は調味料の一つ。塩漬けなど塩をたくさん使ったものもありますが、砂糖と違い大量に食べるわけではありません。なので良くも悪くも身体に変化はあまりないかも。

ストイックに糖質制限、ベジタリアン生活とは違って正しい知識がないと体調を崩すわけでもありません。にわか塩マニアであっても別に問題はないと思います。

ということで、調べてもどれがいいか分からない。なんだかよくわからないけど精製塩は嫌。な人は最初は取り合えずイオン交換膜法を避けましょう。塩のパッケージの裏の工程を見て、イオン交換膜法、イオン膜など書いてあったら大なり小なり精製塩です。

 

しっとり=天然塩ではない

「精製塩」と分かりやすくパッケージの表に書いてある商品は使いやすいサラサラとしたもの。

「海のミネラルが~、○○海水の恵み」などがキャッチコピーとして表に書いてある商品はしっとり湿っていて、天然塩っぽいです。なんか釜焚きとか書いてあるし。値段もそんなに高くない。いいんじゃないの?これで。

しかし、裏の小さく書かれたの工程を見てみるとイオンの文字もセットであるものが多いです。もちろん、その様な商品パッケージでイオン交換膜法を使っていない天然塩もたくさんありますが、近所のスーパーなどではあまり見かけません。

例えイオン交換膜法だとしても、しっとり系塩はサラサラのいかにもな精製塩よりはミネラルが含まれています。選択肢としてなくはないですが、天然塩ではありません

 

以上は基本的に海塩の話です。岩塩はまた違う機会に。

塩の種類・分類はたくさんあるし、料理に使うなら塩の結晶の大きさ(粒径)も気になる。調べているときりがなくて健康関係なしに興味深くて楽しいです

 

前述に塩は大量に食べないとしましたが、あくまで自炊の話です。レトルト食品や出来合いのお惣菜だけでなく、市販の甘いお菓子・飲み物にも含まれています。それを考えると知らないうちに沢山食べてる人もいます。

その他にも、お手軽な外食はほとんど精製塩。なにがなんでも避ける!精製塩は悪!ではなく、岩塩・海塩・工程などによって使い分ける気持ちで選んでいきたいです。