もちつきの目。

ゆるっと健康オタクの雑記

ほうれん草がないから「ナスの白和え」

豆腐があるし白和えが食べたい!けど、ほうれん草がない。
プラス夏の終わりが近づき、ナス料理のマンネリ化が止まらない。ということで「ナスの白和え」を作りました。

白和え大好物なんですが、見た目の悪さが理由か献立登場回数は少なめ。
今回は緑がないので、より残念な見た目に。
しかし、ほうれん草verに勝るとも劣らない美味しさでした。

f:id:scampi14:20170819003710p:plain
見た目とは反対にとっても美味しかった「ナスの白和え」
前述の通り、絵面が悪いので記事にするか迷ったんですが調子にのって載せちゃいました。


多めのゴマ油でじっくり焼いたナスがトロトロで、もしかしたらほうれん草より好きかもしれない。
ゆでたほうれん草よりも、焼いた分コクがあります。味噌とゴマの風味が効いた和え衣とも相性バッチリです。

ナスを焼いてだし汁につけ(揚げびたしの要領で)、いつも通り白和えに。
私は和え衣と具材の両方に味をつけています。味がぼやけないのでオススメです。


豆腐の和え衣さえあれば「白和え」みたいですが、色合いも考えると個人的にほうれん草は必須。でもナスverも紫がきちんと発色してくれればキレイになると思います。
健康的に見えて、意外とカロリーが高い「ナスの白和え」。
油を使わない「焼きナス」でも美味しいと思いますが、ぜひゴマ油で少しジャンキーな白和えに。