もちつきの目。

アイハーブと100均と料理が好き。

もちつきの目。

座りすぎの恐怖!せっかくのジム通いが無駄になるかも?

 f:id:scampi14:20171028002236p:plain

座りっぱなしのデスクワーク、長時間の運転や電車移動。惰性で長時間使用してしまうスマホやPC。現代人は気付かないうちに長時間座りっぱなしです。

その座りすぎが健康リスクを高めると話題になっていますが、今回はダイエットに焦点を当ててみました。

参考にしたのは「座りすぎと健康」についての第一人者Neville Owen(ネヴィル・オーウェン)博士らによるコチラの研究記事。Too Much Sitting: The Population-Health Science of Sedentary Behavior

「座りすぎ」な現代人、運動だけではダメ

早朝ランニングや仕事帰りにジム。現代人の視点から考えると、これ以上ないくらい健康的な気がします。

しかしいくら運動習慣があっても、座った状態(デスクワーク・TV視聴・車の運転…)が長時間だと、健康リスクが高まる可能性があります。

Even when adults meet physical activity guidelines, sitting for prolonged periods can compromise metabolic health. TV time and objective-measurement studies show deleterious associations, and breaking up sedentary time is beneficial.

※意訳 運動習慣のある人であっても、座っている時間が長いと生活習慣病などの病気にかかりやすくなる。 長時間のTV視聴は体に悪影響を及ぼし、健康のためには座り続けないことが重要である。

 「運動しているから大丈夫!」ではないということですね。

また、座りっぱなし=カロリー消費量が少ないから肥満に繋がる。などそんな単純な話ではないようです。

運動量が同じでも、座りすぎの人は太る!?

f:id:scampi14:20171029003953j:plain
f:id:scampi14:20171029113218p:plain

・左のProlongerは、座りっぱなしだが、長時間の運動(活動)をする人典型的な(運動習慣のある)現代人です。「仕事はデスクワーク中心で、仕事終わりにジム」みたいな感じ

・右のBreakerは、長時間の運動はしないが、座りっぱなしではない人立ったり座ったり、ちょこまか動く人です。

2つのグループを比較すると、きちんと運動をしているProlonger が平均で6センチもウエストサイズが大きく、BMIや中性脂肪の値も悪い結果に…。

実はこのProlongerとBreaker、両者の座っている時間と活動時間(運動量)はほぼ同じなんです。

合計の運動量も座っている時間も同じなのに太るってどういう事?

車のアイドリングストップをイメージすると分かりやすいです。

座っている状態が続くと、身体は自律神経などの動きを最小限にし安静モードに入ります。信号待ちでアイドリングストップしている車のように、燃料を使わなくなります。

車の場合、エンジンのON/OFFで車に負荷がかかるのがデメリットですが、現代人にはその負荷が必要です。例え合計の運動量が同じでも、「座りっぱなしの人」より「ちょこまか動いている人」の方がエンジン再始動分の負荷が多いのです。

特別な運動をしなくても、ちょこまか動いていれば健康的な体型を保てるのかもしれません。座って安静モード(アイドリングストップ)に入っても、またすぐに立ち上がりキュルキュルっとエンジンを再始動するのがポイントです。

座りすぎないって意外と難しい

今回はダイエット中心にまとめました。以前のブログでも少し書いています。

その他にも、座り過ぎは心臓病や糖尿病のリスクが上がると最近話題になっていますよね一部ではがんやうつ病になりやすいともされ、座っている時間と早期死亡率の研究も進んでいます。

生活習慣病に繋がると言われても今一つピンときませんが、姿勢の悪さや肩こり、腰痛など、身近な悪影響はいくらでもあります。

 わたしも気が付いたら1時間座りっぱなしなんて余裕であるので、最近は30分間タイマーをかけてブログを書いたりしています。30分経過したら立ち上がろう!と決意しても、絶対に忘れているのでオススメですよ。