もちつきの目。

アイハーブと100均と料理が好き。

もちつきの目。

たまご味噌とカレーと満腹中枢

f:id:scampi14:20180302214441j:plain

知名度が上りつつある青森の郷土料理「貝焼き味噌」の、帆立と貝殻なしverです。地域によってはこっちの方がメジャーだと思うけど、どうなんだろ。

満腹中枢を刺激してくれない、たまご味噌とカレー

「カレーは飲み物」なんて名言(?)がありますが、私にとってはたまご味噌も飲み物みたいなもの。スルスルと入っていって、満腹中枢を刺激してくれない困った奴らです。

腹八分目ならぬ六分目くらいで箸を置かないと、後からお腹いっぱいで苦しい、なんて情けない状態になります。いや、私だけかも…。安くて美味しいのも、おかわりを助長する原因でしょうね。

たまご味噌は卵と味噌とだし汁があれば簡単に作れるので、貝焼き味噌って美味しそうだけど貝殻も帆立もないし…という方にオススメです。

作り方(3,4人分)

  • 卵…4個
  • 味噌…大さじ3
  • 濃い目のだし汁…1カップ(200㏄)
  1. 鍋にだし汁を温め、味噌を溶かし入れる。※だしの素を使う場合は、表示の2倍くらい入れてください。
  2. 沸いた所に、溶いた卵を少しずつ流し入れて混ぜ、好みの固さになったら火を止める。

要は、少量の濃い味噌汁に卵を入れるだけ。

味噌少なめ+卵は白身が残る程度に溶き、だし汁に入れた後も混ぜ過ぎず半熟に仕上げるのが祖母の味。トロトロのたまご味噌をご飯にたっぷりかけて食べるのが好きです。

おつまみ用なら、味噌を少し増やして卵をよく溶き固めに仕上げるのもアリ。ネギや豆腐(絹)を入れても美味しいです。

立派な帆立がなくても、お手軽なベビーホタテで貝焼き味噌風にも出来ます。