もちつきの目。

アイハーブと100均と料理が好き。

もちつきの目。

暑い夏でもご飯がすすむ津軽の味!ナスの葉くるみ(赤しそ巻き)

f:id:scampi14:20180701141059j:plain

茄子と味噌を赤シソで巻き、多めのゴマ油で焼いたシンプルな料理「ナスの葉くるみ」を作りました。

シソの爽やかな香りと、味が濃いめでジューシーな茄子が食欲をそそる津軽の郷土料理です。

材料・作り方

今回は小さめの茄子3本に、大きめの赤シソ1パック(18枚)で作りました。約3人分です。

  • 茄子
  • 赤シソ(青シソ可)
  • 味噌(出来れば赤味噌)※お好みで砂糖を少し足してもOK
  • 油(お好きなもの)

 

  1. 茄子は縦半分に切ったあと、シソの枚数に合わせて斜めにカット。今回は12等分にしました。

    f:id:scampi14:20180701141056j:plain

  2. シソは軸を切り落とし、茄子に対して枚数が少なかったり、葉が大きすぎる場合は半分に切る。
    f:id:scampi14:20180701141041j:plain
    f:id:scampi14:20180701141050j:plain
  3. シソに味噌を塗り、茄子をのせて巻いていく。味噌を丁寧にのばす必要はありません。両端も開いたままで大丈夫です。※写真の量だと味が少し濃いめ。薄味派の人は本当に少しでOK。
    f:id:scampi14:20180701141034j:plain
    f:id:scampi14:20180701141500j:plain
  4. 火のついていないフライパンに油を多めにしき、3の巻き終わりを下にして並べる。縮むのでギッチリ並べて大丈夫です。
  5. フタをし中火で蒸焼きにする。両面を焼き、茄子に火が通ったらフタを外し(箸で掴んでフニャッとしたらOK)焦げた味噌の良い香りがしてきたら出来上がり。

 

祖母の作る「ナスの葉くるみ」は、もっとしょっぱいです。佃煮みたいなものですね。味噌も砂糖と酒などを入れた合わせ味噌を使っていたので、祖母の味とは少し違います。

私はゴマ油で作る方が好きですが、普通はサラダ油かな?オリーブオイルでも違った雰囲気になって面白いと思います。

たくさん作って冷凍も出来ます。食べる時は自然解凍で。