もちつきの目。

アイハーブと100均と料理が好き。

もちつきの目。

手湿疹・手荒れ防止のために毎日気を付けていること

手湿疹・手荒れのために毎日気を付けていること【生活編】

夏でも冬でも、一年中酷かった手湿疹が治りつつあります→【※画像あり】5年間悩み続けた手湿疹(汗疱)が ほぼ治った!

今回は、毎日の生活で気を付けていることをまとめてみました。

柔軟剤をやめてみた

f:id:scampi14:20190110232016j:plain

少しテーマからズレますが、最初に始めたことです。

洗濯物を干す時の、ヌルっとした手触りに違和感を覚えたのがきっかけ。

乾いている状態でも、肌に触れた感じが変にサラッとしている気がして、普段着やタオルなどの柔軟剤使用をやめてました。

※ダメージや静電気が気になるので、ニットなどは柔軟剤入りの洗剤を使っています。

 

やめた後も手湿疹の調子は相変わらずでしたが、両腕と両脚にあったしつこい湿疹が綺麗に治ったのには驚きました。

正直ふわふわタオルだけは少し恋しいですw

が、衣服に関して言えば、洗剤のみ方が着心地が良い気がするので特にストレスなく柔軟剤なし生活を続けています。

ちなみに、洗濯用洗剤は無添加や敏感肌用ではない、普通にドラッグストアで買える市販の洗剤を使っています。

食器洗いは【綿手袋+ゴム手袋】

f:id:scampi14:20190110233958j:plain

手荒れの気になる人が、食器洗い中にゴム手袋を着用するのは常識ですよね。

汚れが確認しにくい、着脱が面倒。などと抵抗がある人も多いみたいですが、慣れれば何てことないので、ぜひ試してみて欲しいです。

 もう少し余裕がある人は、ゴム手袋の下に綿手袋をしてみてください。

  • ポツポツとした水疱がある人
  • 蒸れると痒くなりやすい人

など、夏でも手荒れが治らない(汗疱)人は特に。綿手袋が蒸れを吸収し、手洗いを防いでくれます。

私はちょっとした洗い物の場合はゴム手袋だけですが、長時間になるとムズムズとしてくるので必ず綿手袋を着用してます。

ちなみに、洗濯用洗剤と同じく、特別な食器用洗剤は使っていません。

綿手袋はドラッグストアや100均のスキンケアコーナーなどで購入できます。

料理中もなるべく手袋着用

f:id:scampi14:20190111230252j:plain

 料理中は100均のポリ手袋を使用してます。調理用の薄手のゴム手袋は痒くなりやすいし、ポリ手袋の方が安くて着脱が簡単なので。

関連記事:【ダイソー】100均の使い捨て手袋がコスパ最強 - もちつきの目。

私は(数回取り換えながら)最初から最後までずーっと着用しています。

そこまで神経質になる必要はないと言いたいところですが、手荒れ防止目的だけでなく衛生面から見ても大切な事なのでなるべくした方が良いです。

シャンプーも手袋着用

f:id:scampi14:20190110233959j:plain

髪を洗う時も、ポリ手袋をしています。同じく100均のものです。

シャンプーする時に手袋なんて…と思うかもしれませんが、かなり手荒れが軽減できるので1度試してみて欲しいです。(久しぶりに素手でシャンプーしてみたら、手がパッサパサになりましたwそれだけ手へのダメージがあるということですよね)

最初の頃は優しい敏感肌用のシャンプーを色々試していたんですが「頭皮や髪にトラブルが無いのに、何でシャンプーに悩んでいるんだろう」と思い始め、手袋着用に落ち着きました。

ハンドクリームはほどほどに

f:id:scampi14:20190111230251j:plain

こまめにハンドクリームを塗る生活をやめました。最近はお風呂上りと、寒い季節に外出する時だけです。

長年手荒れと戦ってきて、保湿だけではどうしようもないことを悟ったというか…。

どのような肌トラブルに悩んでいるかによりますが、とにかく何が何でも保湿重視!とは言えないと思います。

実際、やめる前と後で手湿疹の調子は変わりませんでした(むしろ良くなったかも)

おわりに

私は、手荒れや手湿疹などの肌トラブルは完治するものではなく、一生を通じて付き合っていく問題だと考えています。

薬だけで完全に良くなるわけではないし、だからといって生活スタイルを改善するだけで治るわけでもありません。

皮膚科に通いながら、でも薬に頼り過ぎず、自分の出来る事を無理なく継続するのが大切だと思っています。

 

私はかなり神経質な性格です。こまめに手袋をすることなども、特に面倒だと思わないので続けているだけです。

 【あれをしたらダメ。こうしないとダメ。】は、もちろん必ず守るべきルールではないので、負担に感じる事を無理して実行する必要はありません。